国内FXより海外FXをおすすめする理由【比較解説】

更新日:

海外FXに興味はあるが不安・・・、またどこが良いのか分からないといった方が多いかと思います。

国内FXから海外FXに乗り換え、5年以上トレードを行ってきました私が海外FXと国内FXを解説します。本記事を読んで頂くことを両者の理解が深まり、比較検討できるようになります。

国内FXを敬遠してしまう理由とは

追証による借金リスク

国内FXのトレーダーには過去に大暴落を経験されてきた方、又はニュースなどで聞いたことがあるだけの方もいるか思います。

このような大暴落時に国内FXで問題となるのが追証です。追証(追加証拠金)とはロスカットになり証拠金維持率が下回ってしまった場合に、不足している金額を取引所が指定する期日までに入金しなければならない制度です。海外FXではマイナス分は取引所が負担しますが国内FXではトレーダーが負担、すなわち借金をすることになります。

海外FXでは追証なしのゼロカットシステムがある為、ハイレバレッジで資金効率を活かした取引ができますが、国内FXでは追証をなしにするのでなくレバレッジを減らすことでリスクを軽減させようという方向に動いています。このような状況の中、国内FXトレーダーにとっては海外FXは魅力的に映り、注目を集めてきています。

相対取引がゆえの不正レート疑惑

海外FX取引所はトレーダー同士での取引を行うNDD(Non Dealing Desk)方式を採用しているのに対し、国内FX取引所は取引所が間に入って相対取引を行うDD(Dealing Desk)方式を採用をしています。DD方式のメリットとして狭いスプレッドを実現することが可能ですが、一方でトレーダーの損失は取引所の儲けとなる仕組みの為、ストップ狩りや不正レートといった疑惑が拭えません。

ストップ狩りによってポジションを解消されてしまうと資産を減らしてしまうことに繋がり、また不正レートでの取引が行われるとトップトレーダーでも勝つことは難しくなってしまいます。DD方式の仕組みは取引所がどのような取引を行っているかブラックボックス化されて見えないのが問題で、トレーダーに好ましい環境ではありません。一方でNDD方式はトレーダーの儲けは取引所の儲けとなりますのでWIN-WINの関係であるといえます。

海外FXをおすすめ出来る理由とは

高いレバレッジ設定

海外FXの最大メリットとして高いレバレッジでの取引が可能なことが挙げられます。少ない資金からでも始めることができるので最初は少ない資金でトレードに慣れ、ここぞという局面では大きな資金でトレードを行うことができます。そのため、海外FXは機関投資家のように大資本があるトレーダーだけでなく、サラリーマンや主婦など一般の方でも参入でき、十分に稼げる可能性があります。億り人を目指すことも可能です。

高いレバレッジは危険!?

高いレバレッジは危険と考える方もいますが、それは資金管理を無視したギャンブル的なトレードをするのが問題であって、高いレバレッジとは関係がありません。少資本の個人トレーダーでもしっかりと資金管理を行うことで、高いリターンを狙っていけるのが海外FXの魅力といえます。国内FXでは追証のリスクがあるので逆に危険だと考えることもできます。

追証なしのゼロカットシステム

海外FX取引所は追証のないゼロカットシステムが導入されています。マイナスが発生してもゼロから始めることができるので借金は発生せず、投資した証拠金以上に負けてしまうことはありません。マイナス分は取引所が負担してくれます。

暴落時など大きく相場が動いて負けてしまった場合でもマイナス分を補填する必要がないので安心してトレードすることができます。メンタルは考えている以上にトレードに影響を及ぼしてしまうもので、ゼロカットシステムがあることでどのような局面でも落ち着いたトレードを行い、トレードスキルを向上していくことができるようになります。

トレーダ同士での直接取引

海外FX取引所ではトレーダー同士での直接取り引きを行うNDD(Non Dealing Desk)方式を採用している上、高いレバレッジの設定が可能ですので、DD(Dealing Desk)方式の国内FXトレーダーよりも優位性を持った環境でトレードすることができます。NDD方式で公正なレートでの取引経験を積んで上達していくことができ、トレードスキルが向上すれば負けることも少なくなっていきます。

また海外FXでは日本語サポート対応している取引所が増えてきていますので英語が苦手な方でも安心して利用することができます。

海外FX(XM)と国内FXの取引所を比較してみた

参考になればと思い、XM、DMM FX、GMOクリック証券を比較してみました。

XM(海外FX) DMM FX(国内FX) GMOクリック証券(国内FX)
レバレッジ 888倍 25倍 25倍
追証 無し 有り 有り
スプレッド(USD/JPY) 1.6pips 0.3pips 0.3pips
通貨ペア 57銘柄 20銘柄 14銘柄
トレードツール MT4/MT5 独自(DMM FX Plus他) 独自(はっちゅう君他)

レバレッジはXMが断トツで高いですね。国内は規制によりレバレッジは25倍までとなっていますので、これは国内FXでは改善しようがありません。またXMはボーナスが充実していますので入金ボーナスを利用し、実質無料にてトレードを開始することも可能です。

スプレッドに関して、XMを含めた海外FXは国内FXの取引所を比べて広く設定されていることが多く、スプレッドのみで判断するのであれば国内FX取引所が有利であるといえます。XMのスプレッドが高くなるのはトレーダー同士で取引を行う透明性の高いNDD方式を採用している為、XMは別途スプレッドから取引手数料を徴収する必要があるからです。海外FXのスプレッドについては別記事を執筆してますので興味がある方はご覧ください。

関連記事:海外FX取引所のスプレッドを比較してみた

追証はXMではゼロカットシステムを採用していることから、相場が急落して口座がマイナスになったとしても、XMが補填することで新たに残高ゼロからスタートすることが可能です。このシステムによりトレーダーは投資した以上の資金を使用することなく(すなわち借金することなく)、リスクなしで安心してトレードがに集中できます。

トレードツールはXMを含めた海外FXでは世界中でスタンダードとなっているMT4やMT5を使用した取引が可能です。一方国内FX取引所では独自のツールを提供しているところが多く、中には使いやすいトレードツールもありますが、取引所を変更する度に新たなツールを勉強しなければいけませんので不便だと思います。

>>XM取引所に口座開設し、トレードをはじめる

私は海外FXにXMを利用しています。使いやすく初心者におすすめです!

XM取引所
・888倍の高レバレッジ
・ゼロカットシステムによる追証なし
・各種ボーナス付与
・高く早い、抜群の約定力
・日本語対応

【合わせて読みたい

XM取引所【ハイレバ+ボーナス充実の人気取引所】

まとめ

総合的に判断すると国内FX取引所より海外FX取引所の方がトレーダーの立場でサービス改善の努力を重ねているのが分かるかと思います。もちろん国内FXは狭いスプレッドや国内の取引所だから安心といったメリットもありますが、海外FXの方はそれ以上にメリットがあるといえるのではないでしょうか。

海外FXの口座開設は無料でできますので先ずは始めてみて、国内FXと実際に使用して比べてみるとより理解が深まるのでおすすめです。

-FX取引所

Copyright© Koblog , 2020 All Rights Reserved.