トレードは損小利大を目指すべきか【プロスペクト理論とは】

更新日:

トレードのスタイルで有名なものに損小利大というのがあります。

FXで稼いでいくためには全員が損小利大を目指さなければならないのでしょうか。

 

リスクリワードと勝率とのバランスが大事

私の経験からは損小利大は王道ではありますが必ずしも全員が勝てる方法ではなく、

FXで継続して勝てるかどうかは自分に適した手法を見つけ、それを極めていくことに尽きると思います。

小さい勝ちを積み上げていく損小利小もあると思いますし、損大利大もあると思います。その場合は勝率が高くないと稼げませんが。

 

ただどのスタイルにも必須なのが損切することだと考えます。

相場には絶対はありませんので想定していたシナリオと違う方へ進んだ場合は損切し、仕切り直しする必要があります。

プロスペクト理論といい、人間は利益は早く確定させたがるが、損失は先延ばしにしてしまう傾向があるそうです。

 

プロスペクト理論の例を挙げます。以下に2つの質問から直感的に好きな方を選んでください。

<質問1> 2種類の宝くじがあります。どちらを選びますか?

A 必ず100万円当たる

B 50%の確率で200万円当たるが、50%の確率でハズレる。

<質問2> あなたには200万円の借金があるとします。どちらを選びますか?

A 無条件に借金が100万円に減額される

B 50%の確率で借金はゼロになるが、50%の確率で借金は減らない。

あなたはどちらを選びましたか?

プロスペクト理論に囚らわれている人であれば、最初の質問はAを選び、次の質問ではBを選ぶ傾向にありますが、期待値でいえばAとBのどちらを選んでも結果は変わりません。人間は確実な利益や目先の快感を優先し、不確定な損失を過小評価して先延ばしにしてしまいます。

もらえる利益なら確実に欲しいけど、払わなくていい損失なら払いたくないという都合のいい考え方です。まさに損小利大の逆をいく考え方ですね。

 

トレードでは最終的に勝てればよいので勝率と損益率とのバランスが大事です。それによって目指す利確や損切の金額も変わってきます。

「平均利益額」と「平均損失額」の比率を示すリスクリワードという言葉があり、

例えばある期間において平均利益額が5万円で平均損失額が1万円とします。

平均利益額:5万円÷平均損失額:1万円

 

その場合のリスクリワードは5となります。まさに損小利大ですがリスクリワードが高ければ良いという訳ではなく、

トータルでプラスにするにはリスクリワードと勝率とのバランスが重要になります。

私はビットコインFX取引にBitMEXを利用しています。使いやすく初心者におすすめです!

BitMEX取引所
・100倍の高レバレッジ
・ゼロカットシステムによる追証なし
・ビットコイン、アルトコインのレバレッジ取引
・日本語対応
・本ブログより口座開設頂ければ、6ヶ月間手数料が10%割引になります。

【合わせて読みたい

BitMEX取引所【ハイレバ+追証なしで少額から大きく稼げる】

まとめ

FXでトータルに勝つにはリスクリワードと勝率のバランスを考え、自分のスタイルを確立させることです。

ただし想定したシナリオと違った方向に進んだ際は必ず損切しましょう。

 

-トレード全般

Copyright© Koblog , 2020 All Rights Reserved.